【バブル崩壊】NFTは終わったのか?【結論:バブルはこれから】

NFT

「NFTのバブルは崩壊した」と言われていますが、本当ですか?

今からNFTを始めても、もう遅いでしょうか?

NFTに関して、今後どう行動していけばいいのか知りたい。

こんな疑問にお答えします。

先日、こんなニュースが出ていました。

世界最大手のNFTの取引場所であるOpenSeaの取引高が、ピーク時から99%減少。

参考記事

このような状況で「NFTのバブルは崩壊した」と思った人も多いかもしれません。

ですが、ぼくの考えは少し違います。

結論、NFTのバブルは崩壊していません。

むしろ日本のNFTバブルはこれからかと。

もちろんぼくの主観ですので、最終判断はご自身で冷静に見極めてください。

 

本記事を書いているぼくは、

  • NFTブログ運営者
  • NFTによる含み益:50万円以上
  • 購入したNFT:50個以上(100万円以上を投資)
  • 自分でNFTコレクション「Panda’s journey 100days」を作成 

4ヶ月ほど前からNFTにガッツリはまっています。

以下で、詳しく解説します。

スポンサーリンク

NFTバブルは「崩壊していない」3つの理由

ぼくがNFTバブルは「崩壊していない」と考える理由は、以下の通り。

  1. 投資以外の価値がある
  2. 長い目で見れば、波があるのは当然
  3. 日本国内でまだまだ浸透していない

理由①:投資以外の価値がある

理由の1つ目は「NFTには投資以外の価値がある」ということ。

NFTは、未来を変える可能性がある技術。

「インターネット」や「SNS」と同じように、僕たちの生活を大きく変える可能性を秘めています。

 

例えば、

  • 身分証明証の代わりとして使える
  • 会員証になる
  • 寄付の証明として利用できる

など、様々な可能性を秘めています。

「値段が上がった」「下がった」という投資としての価値以外にも、使い道はいろいろ。

もちろん「投資対象としての価値」もあります。

参考記事:【わかりやすく解説】NFTには、なぜ価値がある?NFTが持つ「8つの価値」

理由②:長い目で見れば、波があるのは当然

2つ目の理由は、「上がり下がりの波があるのは当然」という理由。

どんなものにも「調子が良いとき」と「調子が悪いとき」があります。

どんなに好調な会社でも、株価は上がったり下がったりしますよね。

大切なのは「長期的に見て、将来性があるかどうか」。

個人的には、NFTの可能性は非常に大きいと思っています。

理由③:日本国内でまだまだ浸透していない

3つ目は「日本で、NFTはまだまだ浸透していないから」。

つまり「今後広がっていく可能性が高い」ということです。

 

現在、日本のNFT人口は1.5万人程度と言われています。

ほとんどの日本人が

「NFT?ナニソレ?」

という状態。

 

海外においては、確かにバブルの崩壊があったかもしれません。

でも、日本においてはバブル崩壊どころか「始まってもいない」というのが現実かと。

スポンサーリンク

NFTを今から始めても、遅くない話【むしろ早い】

今からNFTを始めても遅くないですか?

結論、遅くないです。

上で書いた通り、日本のNFT人口は1.5万人程度。

今からNFTをはじめたとしても、まったく遅くありません。

それどころか、むしろ早い。

試しに、身近な人に「NFTって知ってる?」と聞いてみてください。

99%の人が

「なにそれ、怪しい。。。」

そんな反応をするはずです。

まだまだ知られていない、ということですね。

インターネットやSNSも、初期の頃は「怪しい」と言われていました。

そんな時代からNFTに触れておけば、チャンスが広がるのも間違いありません。

 

でもここまで読んだ方の中には、

「もうすでにNFTを始めている人も大勢いるわけだし、チャンスは少ないのでは?」

と思う方もいるかもしれません。

ですがこれに関しても、結論は「まったく遅くありません」。

 

確かにすでにNFTを始めている人もたくさんいます。

とはいえ、それは他の業界でも同じこと。

「もう遅いから」とスタートを遅らせれば、その分チャンスが減るだけです。

実際ぼくが4ヶ月前にNFTをスタートさせた時も、先行者はたくさんいました。

それでもNFTをスタートしたから、たくさんのチャンスをいただけました。

 

特にNFT業界は、これから拡大していく業界。

遅すぎることなんてありません。

今から始めればOK。

NFTのバブルに乗るためにやるべきこと

では、実際になにをやればいいのか?

 

まずは、NFTを1つ手に入れてみましょう。

NFTを手に入れたら、Twitterのアイコンにしたり、NFTのコミュニティに参加してみたりしてください。

 

NFTは実際に買ってみないと「良さ」が分かりづらいものです。

ぼくも買うまでは

「なんでただの絵なのに、高い値段がついてるんだ。。。」

と不審に思っていました。

 

でも「自分でNFTを買う」という経験をすることで、世界が変わりました。

初期費用も、安いものなら3,000円程度で収まるのでぜひチャレンジしてみてください。

まとめ

「NFTバブルは崩壊したのか?」というテーマで解説しました。

結論、バブルは崩壊していません。

むしろバブルが来るのはこれからかと。

今から始めても全然遅くはないです。

ぜひ勇気を出して一歩を踏み出してみてください。

 

「NFTを始めてみたい」という方は、以下の記事も合わせてどうぞ。

【完全初心者向け】NFTの始め方【10万円稼ぐまでのロードマップ】
はじめまして。web3おじさん"あしな"(ashina@web3bloger)です。 このブログでは「NFTの始め方」を、どこよりもわかりやすく解説しています。 そもそもNFTって...

【完全初心者向け】NFTの始め方【10万円稼ぐまでのロードマップ】

今回は、以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました